炎症に効くビタミンCとシミに効くトレチノイン

病気の患者の中には、炎症反応によって体の健康状態がダメージを受けている人がいます。 慢性の炎症対策としては、バランスの良い食事を取ることが大事です。 そして、食事で不足する栄養は、サプリメントなどから取る必要があります。 特にビタミンCは、抗炎症作用があるので、ビタミンCは不足しないように取ることが大事です。 ビタミンCには、抗炎症作用の他にも、体や肌に良い効果があります。 肌にとって大切なコラーゲン繊維の安定に大きな影響があるので、弾力のある肌を維持するためには、ビタミンCは非常に大切です。 また、抗酸化作用で酸化を防いでくれるため、アンチエイジングの点でも非常に有効です。 白い肌を目指している女性にとっても、ビタミンCは必要不可欠です。 シミがひどい場合は、ビタミンCを取っても、シミが消えない場合があります。 そのような場合には、トレチノインを使った治療法があります。 トレチノイン治療は、シミの治療法として昔から有名ですが、最近は、他の治療薬と一緒に使うことで、さらに効果を上げている例もあります。 また、トレチノインは、米国でニキビの治療薬として長年使用されており、日本でも多くの人がトレチノインでニキビ治療をしています。 トレチノインの皮脂分泌を抑制する効果が、ニキビ肌を根本から改善していくのです。 トレチノインは、ヒアルロン酸を増やし、コラーゲンの生成にも役立つので、シワの改善もできます。 多くの美肌効果があるトレチノインは、医師から言われた用法、用量を守って使用していれば、安全です。 トレチノインは、ビタミンA誘導体なので、ビタミンAの100倍以上の活性力があり、しかも体の中に存在する成分であるため、アレルギーの心配もありません。